リスティング広告攻略ブログ - PPC-LOG

主にリスティング広告をはじめとするWeb広告、マーケティング関連の記事を書いています。

キーワードと検索語句と検索キーワードの違いについて図解して解説

リスティング広告の専門的な知識のない方の中には、「キーワード」「検索語句」といった、一見似ている語句をつい一緒くたにして話をしてしまっている方を多く見かけます。

 

プロであれば文脈から何を求めているか判断することが可能ですが、例えば「至急キーワード一覧が欲しいです」と一方的にお願いされ、それに応じたとしても、「これ思っていたものと違います!」などとなってしまい、それでは本末転倒です。

 

この記事の中ではつい一緒くたにされがちな「キーワード」「検索語句」「検索キーワード」の違いについて解説していきます。

 

  

キーワードとは

まずキーワードなんなのでしょうか。 Google は公式ヘルプにて、以下のように定義しています。

 

キーワードとは、ユーザーが検索している語句と広告を一致させるために使用される単語やフレーズです。

 

「 キーワードについて - Google 広告 ヘルプ 」より引用

 

キーワードとは、Google の広告主様がターゲットとするユーザーに広告を表示するために、広告グループに設定する語句のこと

 

「 検索語句レポートについて - Google 広告 ヘルプ 」より引用

 

つまりキーワードとは、広告主、広告運用者が、自社製品・サービスと関連性の高い単語・フレーズを使用する際に用いるものになります。

 

キーワードは「完全一致」「部分一致」「フレーズ一致」の3つの形式で登録され使用されます。実際にアカウントを作る際にどのようにキーワード登録をするのが理想的なのかについて、別記事で過去に詳しく触れているので気になった方はそちらをご参照いただければ幸いです。

 

www.ppc-log.com

 

検索語句とは

次に、検索語句とは何なのでしょうか。Googleは以下のように定義しています。

 

検索語句とは、Google 検索や検索ネットワークのサイトでユーザーが検索に使用した語句のことです。

 

「 検索語句レポートについて - Google 広告 ヘルプ 」より引用

 

つまり検索語句とは、ユーザーが実際に検索バーに入力した文字情報の羅列ということになります。

 

補足説明をしておくと「検索語句」はかつては「検索クエリ」と呼ばれ、 Google 上では指標として存在していました。また Yahoo! では2020年5月現在もレポートで検索語句を出力する際、「検索クエリーレポート」というレポートで出力する必要性があるため、「検索語句」のことを「クエリ」「クエリー」と呼ぶケースも珍しくありません。

markezine.jp

 

検索キーワードとは

「検索キーワード」についても触れておきたいと思います。「検索キーワード」は  Google 広告上にのみ登場する語句ですが、公式ヘルプでは下記のように「検索キーワード」が取り扱われています。

 

Google 検索では、ユーザーの検索キーワードと設定したキーワードとの関連性の高さやキーワードのマッチ タイプに基づいて広告が掲載されます。

 

「 キーワードについて - Google 広告 ヘルプ 」より引用

 

この一文を読むと、「検索キーワード=検索語句」と読み解くことができるのではないでしょうか。しかし、実際の管理画面上では「検索キーワード=キーワード」なのです

 

図解して解説

つまり図解すると下記のようになります。

f:id:sbgx:20200503090151p:plain

 

「検索キーワード」に関する公式ヘルプ専用ページが存在しないため、おそらく今現在公式ヘルプ上に存在する「検索キーワード」という語句は誤った表現ではないかと思われます

 

最後に

最後に、現在の Google 広告管理画面キャプチャを用いて公式ヘルプ上の表記との矛盾についても解説しておきたいと思います。

 

f:id:sbgx:20200503093948p:plain

 

つまりキーワードは、管理画面上は「検索キーワード」「除外キーワード」「検索語句」「オークション分析」を含むカテゴリー名であり、本来公式ヘルプ上では本来、「キーワード」は「検索キーワード」と示すべきであるということがよくわかるのではないかと思います。

 

しかしながら、公式ヘルプ上の「キーワード」を全て「検索キーワード」に修正するのは膨大な工数がかかるため現実的ではなく、また公式ヘルプ上で使用されている語句が管理画面上の語句と必ずしも一致すると保証している訳ではないため、現状このような管理画面と公式ヘルプ上の矛盾が発生しているのです。

 

@RKawtr