PPC-LOG

主にリスティング広告をはじめとするWeb広告、マーケティング関連の記事を書いています。

Google ディスプレイ広告の配信先からアプリを除外する2つの方法

本記事ではGoogle 広告におけるネイティブアプリ(以下アプリ)への配信除外する方法について記載しています。2018年9月までは「 adsenseformobileapps.com 」を除外指定する事で除外が可能でしたが、現在は設定が異なっています。ご注意ください。またアプリへの配信を除外するか否かについて考える重要性については、下記別記事で解説しています。こちらも合わせてご参照ください。

www.ppc-log.com

Google ディスプレイ広告の配信先からアプリを除外する方法

Googleディスプレイ広告におけるアプリ除外方法については下記の通りです。主に2つ存在します。

1.管理画面から除外する方法

管理画面から設定する方法は下記の通りです。

(1)管理画面にログインし指定のキャンペーンの「プレースメント」内「除外設定」を確認

管理画面から除外する場合、キャンペーンを指定した上で「プレースメント」から除外設定を開きます。

f:id:sbgx:20200913223031j:plain

(2)「除外設定」からアプリカテゴリー141種類を選択し除外

アプリカテゴリーは全部で141種類あります。これを全てチェックします。

f:id:sbgx:20200913223045j:plain


2.Google 広告エディターから除外する方法

Google 広告エディターから除外する方法は下記の通りです。

(1)「モバイル アプリカテゴリー,除外」で「All Apps」を選択

エディターでは除外するキャンペーンの「キーワードとターゲット設定」内「モバイル アプリカテゴリー,除外」を選択し「 All Apps 」を除外カテゴリーに設定します。

f:id:sbgx:20200913223107j:plain

これ一発で除外設定が可能です。

補足説明

複数キャンペーン設定する場合、管理画面から設定するよりエディターを使用した方が明らかに時短できます。そしてエディターを用いた設定の場合、管理画面反映前に確認作業が可能です。他者確認作業などを依頼する場合はエディターを用いた除外の方が無難でしょう。

最後に

そもそもアプリを除外するのは最善手なのでしょうか。前述した通りアプリへの広告配信を何も考えず除外設定してしまうと機会損失につながることも起こり得ます。下記図は一例(数値は架空のものです)ですが、実際にアプリに配信してもコンバージョン獲得が発生する事はよくある事です。初めから可能性を一切考慮せず除外するというのはオススメできません。

f:id:sbgx:20200913190447p:plain

Twitterはこちら