PPC-LOG

主にリスティング広告をはじめとするWeb広告、マーケティング関連の記事を書いています。

リスティング広告における完全一致が完全に一致じゃない場合でも作用するけど完全一致な理由について

リスティング広告のキーワードには「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」の3つの形式(マッチタイプ)が存在します。「"完全"というぐらいなのだから、キーワードと検索語句が完全に一致する場合のみ広告露出させたいといったケースで使用するマッチタイプなのではないか?」といった誤解が生じるかもしれませんが、そんなことはありません。

登録キーワードと検索語句が完全に一致しない場合でも、マッチタイプ完全一致のキーワードは作用します。

 

 

「完全一致」はどのように「完全」に「一致」ではないのか

前述した通り、キーワードと検索語句が完全に一致しない場合でも、「完全一致」のマッチタイプのキーワードが作動する事はあります。以下は Google 広告公式ヘルプからの引用です。「類似のパターン」への露出がなされます。

完全一致では、検索語句が指定したキーワードと完全に一致する、またはその類似パターンに該当する検索に対してのみ、広告が表示されます。完全一致キーワードと同じ意味を持つ検索語句は、つづりや文法の違いがあっても類似パターンと見なされます。

 

「 完全一致を使用する - Google 広告 ヘルプ 」より引用

 

類似パターンへの広告露出はかなり多い

特筆すべきはこの「類似のパターン」に該当する検索語句がかなり多いという点でしょうか。

・誤字脱字
・単数形や複数形
・語形の変化(例: 英語の「floor」と「flooring」)
・略語
・アクセント付き記号の有無
・意味が同じで語順が異なる語句(例: [靴 男性用] と [男性用 靴])
・機能語の有無。機能語とは助詞(例: 「から」、「の」)や接続詞(例: 「ための」、「しかし」)など、検索の意図に影響しない単語です。たとえば、[shoes for men] という英語のキーワードは、「for」という機能語がない [men shoes] の類似パターンに該当します
・一部語句を省略した表現(たとえば [daydream vr ヘッドセット] という完全一致キーワードを登録した場合、「daydream ヘッドセット」という検索でも、「vr」が省略されているものと見なされ、広告が表示対象になります)
・類義語や言い換え(たとえば [オートバイ] という完全一致キーワードを登録した場合、「バイク」という検索でも広告が表示対象になります)
・検索意図が同じ語句(たとえば [無料素材 画像] という完全一致キーワードを登録した場合、「フリー素材 画像」という検索でも広告が表示対象になります)

 

「 完全一致を使用する - Google 広告 ヘルプ 」より一部引用

 

はい、全然完全じゃないです。 

完全一致が完全一致ではなくなった背景

「完全一致」が現在の形式になった頃はまだまだ部分一致の精度が低く、まだまだ絞り込み部分一致登録以外の部分一致登録を一部の運用者を除き、嫌がって避けていた時代。しかし実際は機会損失も多く、そのため完全一致は完全一致ではなくなり、拡張されました。

 

unyoo.jp

 しかし絞り込みではない、通常の部分一致形式のキーワードが配信ボリュームが大半を占めるアカウントも珍しくなくなった昨今で、「完全一致」は「完全に一致」に戻しても良いような気もします。機会損失を減らすための拡張であるのであれば、部分一致で十分拾えているはずですから。

 

特に BtoB などの場合、CVが取れるキーワードが決まり切っているケースなどはむしろそのような仕様の方が受け入れられるのではないかと思うのですが...どうなのでしょうか。

今後もとに戻る可能性はあるのか

色々と思うところは多々ありますが、今後そのような修正変更がなされる事はないかと思います。理由としては、「完全一致」が正確な訳ではないためです。 Google 広告ヘルプ上の「完全」は原語、つまりは英語では「Exact」です。Exact は、日本語で言う所の「完全」ほどの強い意味合いの言葉ではなく、「厳密に」や「正確な」といった意味合いの言葉です。

 

そもそも登録したキーワード以外の検索語句に対して広告を露出しない、といった目的のマッチタイプではないのです。色々と納得のいかない人も多いかとは思いますが、耐えましょう。

 

@RKawtr